ブログランキングに参加してます。
皆様の応援が励みになります!
応援するには下のボタンをクリックしてください!
turiinfoayuturituriinfoayuturi

2021年 球磨川水系鮎放流量 5/6現在

連休の影響で本日放流量が更新されましたので皆様にご報告いたします。

2021球磨川水系鮎放流

現在の放流量
球磨川河口産:1,240,891尾
中間育成:544,435尾
あゆの山水:463,724尾
くまもと里海づくり協会:366,808尾
総計2,615,858尾

現在、2018年に次ぐ放流量となっており今年は良い感じの釣りが出来るのではないかとワクワクしてます。
また、球磨川水系での偵察部隊からの報告では稚鮎が固まっており一部小型の場所もあるが解禁日にはそれなりになるのではないかと言ってました。
北村養魚所からの買付けを辞めて宮崎県産の鮎になっているため追いが気になる所ですが、元々評判が悪かったので悪くなる事は無いと思います。
と言うか、かなり期待してます。継代養殖の世代が気になる所ですね。(情報が無いので知ってる方は是非教えて下さい。)

現在までの球磨川河口産放流量と予測

球磨川河口産天然稚鮎放流量
球磨川河口産天然稚鮎放流量

天然稚鮎は少し伸びが悪くなってきましたが例年に比べれば最高に近いのではないでしょうか。
漁協の汲み上げしてる方々には感謝するしかありません。

過去のデータ統計(更新しました。)

『はよ新しかと作らんか!』って言われちゃったので今回は最新版です!
結構、めんどくさかったので皆さん最後まで見て頂けると嬉しいです。

天然稚鮎放流年及び放流日からの推移

近年で最高だった2018年(黄色)に次いで2021年(濃い青)は天然比率が高い年になってます。
ただし、遡上が速かったので後半は伸び悩んでいるのかな?とも思われます。
最新情報が入り次第更新していきたいと思います。

球磨川河口産天然稚鮎放流推移 2015~2021 
球磨川河口産天然稚鮎放流推移 2015~2021

過去の放流事業詳細

今年から養魚所が変更になっています。
去年の放流量からここまで回復するとは正直思っても見ませんでした。
去年の母数が多ければもっと多かったのではないかと思います。
また、流下に関して瀬戸石ダムのゲートが開いている限りは例年以上に八代海まで落ちる鮎が増えるのではないかと思います。
ただし、瀬戸石ダムの魚道には水が無い(もともと殆ど意味無いが)のでその辺が気にかかる所ではあります。

2010-2021球磨川水系鮎放流事業詳細
2010-2021球磨川水系鮎放流事業詳細
注意事項※1 H23年以前は天降川や琵琶湖などから鮎を運搬していました。
※2 熊本県栽培漁業協会による放流事業です。
現在はくまもと里海づくり協会が県からの委託を受けて放流事業を行っています。
※3 空白部分に関しては詳細不明若しくは放流数0尾となります。
人工産は中間育成・県委託・養魚所の3種の放流となりますが、中間育成の放流数に県委託及び養魚所の分が含まれている年が有ります。
※4 2021年は養魚所が「あゆの山水」に変更となっています。(2020年迄は北村養魚所)

 

ブログランキングに参加してます! 他河川の鮎釣り情報は下記をクリック!

turiinfoayuturituriinfoayuturi 人気ブログランキング blog-rank-otherPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

鮎釣ってみんね!の情報をメールでお届け

メールアドレスを記入して購読すれば、球磨川・川辺川の最新の情報をメールで読む事が出来ます!
既に多くの人が利用中です!是非ご利用ください。

566人の購読者に加わりましょう