ブログランキングに参加してます。
皆様の応援が励みになります!
応援するには下のボタンをクリックしてください!
turiinfoayuturituriinfoayuturi

2020年 球磨川水系稚鮎放流情報 4/5現在

2020年 球磨川水系稚鮎放流情報

稚鮎放流状況が更新されましたのでご報告です。
今回は中間育成も放流されています。

稚鮎放流状況

今回は3月30日~4月5日までの放流分になります。
放流数は現在、球磨川河口産73,837尾
前回から5,376尾増加となりました。
また、今回は中間育成194,790尾も放流されています。
現在の合計は268,627尾です。

球磨川漁協稚鮎放流グラフ

4月9日更新版グラフです。

青が放流数 オレンジが総数になってます。
オレンジの直線は予測線です。
予測線は現状の放流数から算出したものなので今後変わっていくと思います。
現状の予測では約180,000尾の河口産放流となる見込みです。
良い方向に予測が外れてほしい所です。

2020年球磨川漁協 稚鮎放流状況20200405
2020年球磨川漁協 稚鮎放流状況20200405

過去(2016年~2019年)の稚鮎放流推移

2019年球磨川水系放流量
球磨川河口産:538,206尾

中間育成:495,519
北村養魚所:455,000尾
くまもと里海づくり協会:108,499尾

合計1,597,224尾

今年の放流数がオレンジです。
いずれも球磨川河口産の天然稚鮎の放流数になります。
もっと詳しい過去の分も載せて欲しいと依頼があったので2016年放流分から載せる事にしました。

今年の放流数と2016~2019年の放流数比較(球磨川河口産)20200409
今年の放流数と2016~2019年の放流数比較(球磨川河口産)20200409

過去の放流量と今年の予測値

データを整理していたところ過去の放流量の一覧が出てきたので掲載しています。
今年の放流量は予測値(人工産については平年放流量)となっています。
現状で今年は過去最低の水準となっています。

※過去放流量数値にズレが生じていた為修正しました。2020年05月10日
訂正してお詫び申し上げます。

過去の放流量と今年の予測値訂正版
過去の放流量と今年の予測値訂正版
注意事項※1 H23年以前は天降川や琵琶湖などから鮎を運搬していました。
※2 熊本県栽培漁業協会による放流事業です。
現在はくまもと里海づくり協会が県からの委託を受けて放流事業を行っています。
※3 空白部分に関しては詳細不明若しくは放流数0尾となります。
人工産は中間育成・県委託・養魚所の3種の放流となりますが、中間育成の放流数に県委託及び養魚所の分が含まれている年が有ります。

鮎釣ってみんね!おすすめ商品

ブログランキングに参加してます! 他河川の鮎釣り情報は下記をクリック!

turiinfoayuturituriinfoayuturi 人気ブログランキング blog-rank-otherPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

鮎釣ってみんね!の情報をメールでお届け

メールアドレスを記入して購読すれば、球磨川・川辺川の最新の情報をメールで読む事が出来ます!
既に多くの人が利用中です!是非ご利用ください。

528人の購読者に加わりましょう

2020年4月9日更新情報2020年, 放流, 球磨川漁協, , 鮎情報

Posted by 鮎釣ってみんね!